料理代行の作り置き料理って何日もつの?

作り置き料理は何日もつ?

「好きな時にさっと出して食べられる」のが作り置き料理の便利なところですよね。

料理代行サービスは1週間に1回の頻度で来てもらうことが多いですが、1週間保存がきくのか気になる人もいるかと思います。

今回は、作り置き料理の一般的な消費期限について紹介します。

生の食材が入っている料理

サラダなど、加熱していない材料が含まれている料理は、当日食べるのが基本です。

ですが、水分の少ないポテトサラダは翌日くらいまで食べられます。

また、保存を目的とした漬物やマリネ、ピクルスは4~5日ほどもつとも言われていますが、魚や肉類が混ざっている場合は作ったその日に消費するべきでしょう。

冷蔵庫保存の料理

一般的に常備菜(作り置き料理)と呼ばれるものです。

きんぴらのように油で炒めた料理や、水分を飛ばして作る煮物は、2~3日ほど食べられます。

ただし、汁気が多いものは傷みやすいので、より早めに消費するのが無難です。

また、食べる分だけを別の皿に盛って食べ、取っておく分はすぐ冷蔵庫に戻すようにしましょう。
温度が上がることで雑菌も増えやすくなるので要注意です。

冷凍庫に入っている料理

料理代行サービスでは、カレーやハンバーグなどを冷凍保存しておいてもらえる場合もあります。

冷凍庫に入ったものは、1~2週間ほどは保存できると言われています。

ただし、解凍方法には注意が必要です。

温めて食べる場合は電子レンジでチン、で済みます。

しかし、冷たいまま食べる料理の場合は、常温で放置して解凍すると温度の高い時間が長くなるため、雑菌の繁殖が盛んになり食中毒のリスクが高まります。

そのため、冷たいまま解凍したい場合には、冷蔵庫に移して長時間かけて解凍するのが安全でしょう。

業者の指示通りに食べよう

ここまで、常備菜の一般的な消費期限について紹介しました。

まとめますと、

  • 生の野菜・魚が入っているものは当日消費が原則
  • 加熱されていても汁気の多い料理は1~2日で食べきる
  • 水分の少ない料理は冷蔵庫保存で3日間ほど食べられる
  • 冷凍庫では1~2週間保存できる・電子レンジで温めるか冷蔵庫に移して解凍する

ちなみに、料理代行サービスの業者は、作り置き料理がどれくらい持つのかを以下のように説明しています。

作り置きは何日分まで用意してもらえますか?

基本的に調理後2〜3日以内にお召し上がりいただくようお願いしております。冷凍が可能なお料理については1週間を目処にお召し上がりください。

引用:https://casy.co.jp/faq

一般的な知識を意識しつつ、業者から「何日までに食べきってください」と指示があれば、そちらを優先してください。

まとめ

今回紹介したのはあくまでも目安です。
環境によっては傷むのが早い場合もありますし、抵抗力が弱っている人は食中毒も心配ですから、臨機応変に対応していただければと思います。

[icon image=”finger1-bk”]関連記事「料理代行ではどんな食事を作ってもらえるの?」

[icon image=”finger1-bk”]関連記事「料理代行サービスのちょっと面白い使い方」