料理代行では、病気で食べ物に制限があっても対応してもらえる?

お茶を飲む男性
PhotoAC

家事代行サービスの中でも、食事の用意を頼みたいという人は多いです。

ですが、糖尿病や高血圧などの持病がある場合には、対応してもらえるか不安になってしまうかもしれません。

料理代行は、病気で食べ物の制限をしている人でも利用できるのでしょうか?

家事代行サービスの範囲内なら制限食にも対応可能

料理代行では、基本的には顧客の好みに合わせたメニューを作ります。

特に料理に力を入れている業者なら、比較的細かな要望にも対応が可能です。

高血圧や心臓病、糖尿病などがある場合には、薄味に調理してもらうこともできますし、食べられない食材は除いてもらうこともできます。

ですが、一般の人が管理できる範囲内であり、管理栄養士など専門職の介入が必要なレベルを求めることはできません。

もちろん、家事代行業者によっても細かい部分は異なりますので、心配な人は事前の打ち合わせの際に相談してみましょう。

食物アレルギーや好き嫌いにも対応可能

アレルギーで食べられないものがある場合や偏食がちな場合でも、料理代行は利用可能な場合が多いです。

「せっかく作ってもらったけど食べられなかった」ということがないように、あらかじめ具体的に指示しておく必要はあります。

業者の公式サイトには、制限食やアレルギーなどへの対応について掲載されていますので、確認してみると良いでしょう。

家事代行・家政婦サービスのキャットハンドの場合

Qどんな料理を作ってもらえますか?

A.家事代行サービス内のものであれば大まかなご指示を頂ければ対応できますし、それに応じて買い出しが必要であれば対応します。

作り置きサービスの「猫の手クッキング」では当社で用意したメニューリストの中からお好きな物を選んで頂くシステムになっております。

味の濃い薄いや好き嫌い、アレルギーに関しては別途ご指示頂ければ対応させて頂きます。

キャットハンド(よくある質問)より引用

アールメイドの場合

Q.糖尿病なのですが、味付けを控えていただくことはできますか。

A.可能でございます。お打合せの際にご相談下さいませ。

アールメイド(よくある質問)より引用

食べ物の制限にも対応できる業者はこちら

◆ 家事代行サービスのキャットハンド


◆ r-maid(アールメイド)

まとめ

  • 料理代行では、持病で食事に制限があっても利用可能
  • 料理代行で対応できるのは、一般人が管理できる範囲内だけ
  • アレルギーや偏食で食べられないものがあっても対応可能

家事代行サービスの定期利用では、原則スタッフは担当制になります。
そのため、個別対応に特化した業者もあるので、まずは問い合わせて見ると良いでしょう。

また、各社のお試し用プランを利用してみて、自分に合っているか確認してから申し込むのがおすすめです。