スタッフさんはなぜ家事代行の仕事をしているの?

[illust_bubble subhead=”” align=”left” color=”gray” badge=”” illst=”dansei1″]家事代行サービスって、一体どんな人が来てくれるのだろう?[/illust_bubble]

自分のプライベート空間に入ってもらうので、家事代行のスタッフについては気になりますよね。

公式サイトで自社のスタッフを紹介している場合もあるので、心配な人は確認してみるのも良いでしょう。

さらに、今の仕事を始めた動機を知れば、スタッフさんの人となりが何となく分かりそうです。

お金を稼ぎたいのはもちろんですが、数ある仕事の中から家事代行を選んだ理由があるはず。

そこで今回は、家事スタッフさんが今の仕事を始めた理由について紹介します。

家事代行スタッフはどんな人?

家事代行のスタッフは、ハウスクリーニングと違い女性が圧倒的に多いです。

また、年齢の上限を決めていない業者も少なくないですが、特に20~60代までの幅広い年代の方が働いています。

パートタイマーや契約社員として雇用されている場合がほとんどですが、家事のマッチングサービスに登録している場合はフリーランスに近いです。

家事代行の仕事を始めた動機とは?

スタッフさんが家事代行の仕事を選んだ理由は、以下の場合が多いです。

  • 子育てが一段落し、誰かの役に立ちたいと思ったため
  • 短時間や自分の好きなシフトで働けるため
  • 家事が好きだから
  • 長年の家事スキルを活かしたいから
  • 未経験でも研修があるのでOKと聞いたから
  • 家事スキルを向上させたいから
  • 収入アップしたいので副業として

家事代行専門で働いている人もいれば、副業にしている人もいるようですが、いずれも短時間で仕事ができるところが人気のようです。

家事代行サービスは、あらかじめ作業時間が決まっている場合がほとんどですから、時間が限られている場合には働きやすいと言えます。

また、元々家事が好きだったり得意な人ばかりではありません。
初めは家事に自信がなく、「プロの技術を学んでスキルアップしたい」という理由で始めた人もいるのは興味深いです。

まとめ

家事代行のスタッフさんは、誰かの役に立ちたい人や家事スキルを磨きたい人など、前向きな動機の人が多い感じがしますね。

掃除代行サービスは女性スタッフに限定されている業者も少なくないですが、料理スタッフには元調理師などの経歴を持つ男性もいます。

[icon image=”finger1-bk”]家事スタッフの傾向をもっと知る