「こんな事まで!?」料理代行サービスのちょっと面白い使い方

ローストビーフ

家事代行サービスで食事の用意を頼む時に、多くの業者では「野菜中心で」「洋食で」「○○の食材は抜きで」というように、要望に合わせて作ってもらえます。

ですが、そうした味の好みの他に、少し変わったオーダーができたりもします。

依頼の仕方を工夫すれば、さらに食生活を充実させることができるのです。

ここでは、料理代行で可能なちょっと変わった依頼について紹介します。

昼食はお弁当が食べたい

会社でお昼を食べる時、コンビニで買ったり近くの食堂で食べるのも悪くはないですが、毎日同じで飽きる事はないでしょうか?

そんな場合には、料理代行のスタッフに「お弁当で食べられるもの」を依頼してみてください。

作り置き料理ができる業者なら、レンジで温めてそのまま弁当箱に詰めるだけの状態にしておいてもらえます。

お弁当で気分を変えたら、仕事がさらにはかどるかもしれませんね。

デザートを食べたい

チョコレートケーキ

あなたは甘党ですか?それとも辛党ですか?
また、ケーキ屋さんに一人で入れますか?

最近はコンビニでも気軽に美味しいスイーツを買えるようになってきました。

しかし、「本当は甘い物を食べたいけど、恥ずかしくて買いに行けない」という男性は一定数いるのだとか。

「それって自分のこと?」と思った人には、お菓子を作ってくれる料理代行がおすすめです。

通常の食事にデザートを付けてもらっても良いですし、デザート中心にお願いするのもOKです。

焼き菓子やプリン、冷凍保存で好きな時に解凍して食べられるケーキなども作ってもらえます。

自宅で人の目を気にせず、思いっきり甘い物を楽しんじゃいましょう。

美味しいおつまみでお酒を飲みたい

家飲み派夕食より晩酌派という人は、お酒に合う料理を中心にリクエストするのも良いでしょう。

「濃いめの味付けにしてほしい」といった要望にも、バッチリ応えてくれます。

もっと楽に自炊したい

「料理は嫌いじゃないし自分で味付けをしたいけど、野菜の皮むきや洗い物が面倒」と思う人は少なくないと思います。

もし、野菜の皮むきやカットなどの下ごしらえをやってもらえれば、忙しい中でも自炊がやりやすくなるでしょう。

料理代行サービスでは食材の下ごしらえ小分け保存後片付けまでやってもらえるので、自炊を頑張る人にもおすすめです。

まとめ

料理代行サービスのちょっと面白い使い方について紹介しました。

食事を作ってほしい場合だけでなく、自炊派の人にもおすすめです。

家事代行業者では、利用前のヒアリングで要望を聞いてくれますので、まずは問い合わせてみてはいかがでしょうか。