料理代行では具体的に何ができるの?

お弁当作り

「仕事から帰るのが遅くて、夕飯はカップラーメンで済ませてしまう」

「自炊するようにしてるけど、レパートリーが少なくていつも似たようなメニューになってしまう」

ということはありませんか?

一人暮らしで仕事もして家事もして…というのは大変ですよね。

実は、家事代行には食事の用意をお願いできる料理代行サービスがあるのですが、その内容は幅広いです。

上手に使えば、夕食だけでなく朝や昼のご飯の心配も減らせるのでおすすめです。

ここでは、料理代行を使って具体的にどんなことができるのかを紹介します。

食材の下ごしらえ

食材を、調理しやすいようにカットや下茹でをしたり、1回分に小分けして冷凍保存してもらえます。

日頃料理をする人でも、野菜の皮をむいたりするのは結構面倒臭いですし時間がかかるものです。

煩わしい下処理が済んでいれば、あとは自分好みの味付けで炒めるだけ、煮るだけという状態になっているのでかなり楽です。

「なるべく自分で作りたいけど時間が惜しい」という人にはぴったりのサービスです。

夕食は温かい家庭料理もできる

カップ麺やコンビニのご飯でも最近は十分美味しいしお腹も膨れますが、気持ちはちょっと味気ないものです。

お料理代行でお願いすれば、仕事から帰ってきた時に手作りの温かい家庭料理を食べることもできます。

さすがに遅い時間の帰宅では、家事代行の業務時間外になるので、ホカホカの出来立てという訳にはいきません。

しかし、レンジで温めるだけの状態にしてもらうことも可能です。

朝食や夕飯の足しに!人気の作り置き料理

家事代行は、週に1回の頻度で利用する人が多いです。

そのため、料理スタッフが来る日は良いですが、それ以外の日はどうなるのでしょうか。

実は、多くの口コミでも人気があるのがおかずの作り置きサービスです。

スタッフが来た時に、日持ちのする料理をタッパーなどに入れておいてもらえます。

たいていの場合は1回で2~3時間の利用となりますが、時間内に可能な範囲で、様々な料理を作ってもらえるのです。

おかずをタッパーごと温めるだけなので、今まで忙しくて朝食を抜いていた人も、食べられるようになるかもしれませんね。

会社で食べるお弁当作り

平日のお昼は、たいてい会社近くの牛丼屋や食堂に行くか、お弁当屋さんで買うかになってしまいがちです。

ですが、たまには手作りのお弁当も悪くないと思います。

「ちょっと外食に飽きたなー」と感じた時に、スタッフさんにお弁当を頼んでみるのはどうでしょうか。

晩酌のおともに!酒の肴もできる

近頃はコンビニでも、おつまみになる美味しいお惣菜を買えるようになりました。

ですが、もし家飲みする人なら、お酒に合う料理をリクエストしてみるのもおすすめです。

スタッフさんがあなたの好みに合わせておつまみを作ってくれるでしょう。

食材がない場合は買い物を頼める業者が良い

お料理代行は、基本的には家にある食材を使って調理します。

ですが、普段自炊をまったくしない人や、どんな食材を買って置いたらいいか分からない人もいるかと思います。

その場合には、食材の持ち込み買い物代行をしてくれる業者を選ぶと良いでしょう。

[icon image=”finger1-bk”]関連記事「料理代行サービス利用時のおすすめ食材は?」

[icon image=”finger1-bk”]関連記事「料理代行でそろえておくべき調理道具は?」

まとめ

お料理代行でできることは、以下の通りです。

  • 食材の下ごしらえや小分け保存
  • 温かい夕飯作り
  • 作り置き料理
  • 晩酌に合うおつまみ
  • お弁当作り

料理代行サービスでは、利用者のニーズに合わせて個別に対応してもらえます。

時間の制限はありますが、上記で紹介したことを組み合わせるのも可能です。

また、業者によって得意不得意もありますので、まずはお試し用プランを利用して自分に合っているかを見極めましょう。