料理代行サービスで献立を決める方法は3種類

料理代行のメニューの決め方

「今日何を食べるか?」を考えるのは楽しくもあり、ちょっと面倒な時もありますよね。

例えば、主婦の人はご飯を作ること自体よりも毎日の献立を考える方が大変だと聞きます。

一人暮らしでも、「腹に入れば何でもいいや」という人でなければ、考えるのが億劫だったりするかもしれません。

そんな場合には、家に来て食事を作ってくれる料理代行が便利です。

[illust_bubble subhead=”” align=”left” color=”gray” badge=”” illst=”dansei1″]自分で献立を考えて作るのが嫌だけど、きちんとした物は食べたい。[/illust_bubble]

という人には、正にうってつけのサービスだと言えます。

ですが、

[colored_box color=”green” corner=”r”]◆ どうやって献立を決めるのか?
◆ 自分が食べたい料理を作ってもらえるのか?
◆ 嫌いな野菜を使わずに料理してもらえるのか?[/colored_box]

などが気になる人もいるかと思います。
ここでは、料理代行サービスでメニューを決める方法について紹介します。

料理代行で献立を決める方法は3パターン

料理代行サービスでは、献立を決める方法は

  • 自由にメニューを依頼する
  • 決まったメニューから選ぶ
  • お任せで作ってもらう

の3種類が主なものです。

以下でもう少し詳しく見ていきましょう。

決まったメニューから選ぶ場合

家事代行会社があらかじめ料理のラインナップを用意している場合です。

レストランに行った時のように、メニュー表から食べたい料理を選ぶようなイメージです。

また、季節ごとや定期的に献立が入れ替わるので、いつも同じものばかりで飽きる心配は要りません。

普段食べない(知らない)料理や食材を摂るきっかけになること、献立をいちいち自分で考える必要がないのがメリットと言えます。

決まったレシピが用意されていることも多いので、極端にマズイ物に当たってしまう可能性は少ないでしょう。

一方で、食べ物の好き嫌いが少ない人には向いていますが、偏食が多い場合には選べないメニューが出てくるデメリットもあります。

[icon image=”finger1-bk”]関連記事「メニューリストから選ぶ料理代行サービス」

お任せで作ってもらう場合

材料を自分で用意しておいて、あとはスタッフにお任せして作ってもらう方法です。
食べられない物を買わなければいいので、偏食がちの人でも利用しやすいのがメリットです。

作る料理について、スタッフと事前に打ち合わせをする場合もあります。

スタッフさんの創作料理が出てくることも多いので、食いしん坊の人は「今回は何を食べられるんだろう?」とワクワク感が止まらないでしょう。

ただし、その方の技量によるところも大きいため、料理上手で味付けの好みが合う人に出会えれば最高ですが、そうでなければ不満が残るかもしれません。

ですが、もし「失敗した!」という場合でも、担当を変更してもらったり別の方とマッチングすることで改善できます。

[icon image=”finger1-bk”]関連記事「全てお任せできる料理代行サービス」

自由にメニューを依頼する場合

自分の好きな料理をスタッフさんにリクエストする方法です。

この形式を取っているところには、料理の腕がいい方が在籍していることが多いです。

「これが食べたい!」とはっきりしている場合には良いですが、毎回考えるのが面倒臭い人には向かないでしょう。

ただ、やはり味付けが自分に合うかどうかは人によるので、場合によってはマッチングし直す必要が出てくるかもしれません。

[icon image=”finger1-bk”]関連記事「食べたい物を自由にリクエストできる料理代行」

まとめ

料理代行でメニューを決める方法は以下の3種類です。

  • 好きな料理を依頼する
  • 決まった献立から選択する
  • スタッフにお任せする

同じ業者でもプランによって献立の決め方が異なる場合もありますし、複数のやり方を組み合わせられる場合もあります。

家事代行の場合は、前もって要望を聞かれるので、食べたい料理だけでなくアレルギーの有無や「どんなシチュエーションで食べるのか」などもしっかり伝えることが失敗しないコツです。