【料理代行の疑問】偏食・好き嫌いがあっても対応可能?

食べ物の好き嫌い

食べ物の好き嫌いはない方が良いですが、自分ではどうにもなりませんよね。

また、同じ食材でも、調理法によって食べられる場合とそうでない場合があったりもします。

好き嫌いがあると、家事代行の中でも特に食事作りをお願いしたい場合は、不安になってしまうかもしれません。

それでは、偏食や好き嫌いのある人は、料理代行サービスの利用は厳しいのでしょうか

食べられないものは最初に伝えておけばOK

ほとんどの家事代行では、実際にサービスに入る前にカウンセリングがあります。

それによって

[colored_box color=”green” corner=”r”]・家事の何をやってほしいのか
・どこに注意すべきなのか [/colored_box]

などを業者が把握し、顧客の希望に沿ったスタッフを派遣します。

もし食べられないものや苦手な料理があれば、事前に伝えておくことで個別に対応してもらえるのです。

あれもこれもダメなんて恥ずかしい?

「子どもじゃないし、やたらと好き嫌いを言うのは恥ずかしいし申し訳ない」

と感じる人もいるかもしれません。

ですが、料理を作る側も、食べる人に満足してもらう方が嬉しいはずです。

「要望はおっしゃっていただく方が、好みがわかるのでありがたい」

と公式で掲載している業者もありますので、希望は正直に伝えて大丈夫です。

洋風?和風?満遍なく?味の希望は具体的に

希望を伝える時は、具体的に言った方が相手にも分かりやすいです。

例えば、作ってほしいお料理が

[colored_box color=”green” corner=”r”]・洋食が良いのか
・和食が良いのか
・和・洋・中をバラエティ豊かにお願いしたいのか
・夕食か朝食か、お昼のお弁当になるものか
・お酒のおつまみか
・おもてなし用のお料理か[/colored_box]

など、「どんな時に食べるものか」を伝えることで、スタッフさんも作りやすくなります。

食材の買い出しをしてくれる業者も

業者によって、家にある食材を使用する場合買い物も頼める場合があります。

また、買い出し代行がオプションになっている場合と料理代行サービスに初めから含まれている場合があります。

ライフスタイルや希望によって選択すると良いでしょう。

自分に合っているかトライアルプランを利用して確認

基本的に、スタッフさんは料理自慢の方が多いです。

しかし、例え一流レストランでも万人受けする料理がないように、料理代行の味付けが好みに合わない可能性もあります。

家事代行サービスにはトライアルプランがありますので、自分に合うかどうか、まずお試し的に利用してみるのがおすすめです。

まとめ

  • 料理代行は食べ物の好き嫌いがあっても利用できる
  • 味付けや料理の要望は具体的に伝える
  • お試しプランを使ってから決める

基本的には、いつどこで食べる料理を作ってほしいのかや、食べられないものを伝えておけばOKです。

一人暮らしだと好きなものや同じものばかりを選んでしまいますが、他の人に作ってもらうことで、新たな美味しい料理と出会えるかもしれません。