「結局どの家事代行がいいの?」単身男性が失敗しない8種類の選び方

家事代行業者の選び方

ひと昔前は、一部のお金持ちだけが使うイメージだったお手伝いさん。

近年は、リーズナブルなサービスも増えており、働き盛りの単身男性向けプランも用意されています。
とはいえ、月に1万円超えともなれば、決して安くはない金額ですよね。

「合わないサービスを選んで時間やお金を無駄にしたくない!」と思ったら、たくさんの家事代行業者を吟味しなくてはなりません。


掃除を頼みたいくらい忙しいのに、そんな暇ないよー。


ごもっともだと思います。

そこで今回は、自分に合った家事代行業者を選ぶ基準を8パターン紹介します。
どうぞ参考にしてみてくださいね。

一人暮らし向けのプランがある

「休日くらいは自分の好きなことに時間を使いたい」という単身者のために、日常の家事をまんべんなくカバーしてくれるプランがあります。

原則ワンルームという制限付きですが、お掃除や洗濯、料理まで幅広く対応してくれるので、いつでも自宅が快適な状態にしておけるのが利点です。

月額で料金が提示されている場合もあり、普通の定期利用プランを使うよりもお得な価格設定になっています。


お試し用プランがある

「家事代行選びに絶対失敗したくない!」という人は、お試し用プラン(トライアルプラン)のある業者を利用してみるのが良いでしょう。
初回利用に限られますが、割安な料金でその業者のサービスを体験できます。
トライアルプランは各社の腕の見せどころであり、それぞれの特徴を知るにはは打ってつけです。

プライバシーマークを取得している

「部屋に他人を入れると個人情報漏れが心配…」という人もいるかと思います。
そんな場合には、業者がプライバシーマークを取得しているかどうかを確認してみましょう。


プライバシーマークとは?

日本情報経済社会推進協会が企業などに付与しているマークです。
規定の審査によって、「この会社は個人情報を適切に扱っていますよ」と認められた証です。

⇒プライバシーマークについて詳しく知りたい方はこちら

お料理重視のサービスがある

お料理重視のサービスがある

家事の中でも掃除や料理、洗濯など、主にどれをやってほしいのかは人それぞれですよね。
しかし、掃除と料理のサービスが別々のプランになっている業者も少なくないのです。
食事の準備をお願いしたい場合には、プランに含まれているかを確認しておきましょう。


不在時サービスもOK

帰宅した時に部屋がキレイだったりご飯ができていたら、うれしいですよね。
留守中に家事を済ませてほしい場合には、スペアキー預かりサービスのある業者を選ぶと良いでしょう。
鍵預かりは別料金の場合もあるので確認してみてくださいね。


スタッフの研修を徹底している

スタッフの研修を徹底している

ほとんどの家事代行業者では、初めにヒアリングをして要望に応えられるスタッフを派遣しています。
でも、仕事の質に当たり外れがあるのでは困りますよね。
スタッフ教育に自信のある会社は、公式サイトでも宣伝しているため、目を通しておくとサービスの水準を知ることができるのではないでしょうか。


融通が利く

その日その時によって、やってほしい家事を微妙に変えたい人もいるかもしれません。
できる作業がピッシリ決まっている業者と、比較的臨機応変に対応してくれる業者がありますので、希望に合う方を選ぶのが良いでしょう。


全国対応している

大手や有名どころでは、サービスを利用できる場所が関東近県や都市部に限られる場合も多いです。
地方に住んでいる人は、全国区に対応している業者を探すのがおすすめです。

最後に

一人暮らしの男性におすすめな家事代行業者の選び方を紹介しました。
自分なりの基準を見つけて、ぴったりのプランが見つかると良いですね!


↓「面倒くさい家事トップ3をやってもらえる家事代行プラン」はこちら↓