「CaSy(カジー)」のキャストってどんな人たち?

CaSyに頼もうと思っているんだけど、どんな人が来るか分からないので心配だなー。

CaSy(カジー)では、掃除や料理を代行するスタッフを「キャスト」と呼んでいます。

キャストさんは仕事で来るだけですが、自分からすれば家の中を知らない人に見られるので、不安になるのも当然です。
定期サービスを利用する場合は、なおさらだと思います。

ですが、実際にカジーで働く人のことが分かれば、少しだけイメージできそうな感じがしますね。
そこで今回は、カジーのキャストにはどんな人がいるのかについてお伝えします。

30~50代の女性がほとんど

カジーのキャストさんには、30~50代の主婦層がとても多いです。

「普段、家の事を当たり前にやっているけど、外で働くのは難しい」と考えている方が、職業として家事スキルを活かしています。

長時間拘束されない点や自分の家庭を優先した働き方ができる点が、特に子育て中の女性の人気を得ているようです。

また、家事を仕事にしようとするほどですから、掃除や料理が得意だったり好きな方が多いです。

一人暮らしの人にとっては、まるで自分のお母さんが来てくれたように感じる場合もあるようです。

副業として働く人もいる

最近では、副業を認める会社もかなり増えてきました。

そんな世相もあってか、ダブルワーカーとして働く人もいるのだとか。

平日の本業終わりや休日の空いた時間を有効利用して、家事代行の仕事で収入アップを目指す人も少なくないようです。

有資格者も紛れ込んでいる

カジーのキャストの多くは、家事代行業が未経験の人です。

座学や実地の研修を受けて一人前のキャストになるのだそうですが、元々他の家事代行業者で活躍していた人もいます。

また、中には調理師栄養士整理収納アドバイザーといった資格を持った人も在籍しています。

カジーの場合は基本的に料金が時間制ですから、もし料理や片付けの専門家にお願いできたら、とてもラッキーです。

キャストにはコミュニケーション能力も必要

カジーでは、キャストの採用基準の中でもコミュニケーションがしっかり取れることを重要視しています。

サービス業なので当たり前なのかもしれませんが、単に家事ができるだけでなく、利用者に不快感を与えないことを大切にしているようです。

カジーを利用すると、礼儀や身なりがきちんとしたキャストさんが来てくれるでしょう。

まとめ

カジーには掃除代行と料理代行のサービスがあります。

料理代行キャストには、有名レストランの元シェフもいたりしますので、「家でちゃんとしたご飯を食べたい」という希望も叶ってしまいます。

まずは初回お試しプランで体験してみるのが良いでしょう。