「買い物代行で失敗した!」とならないために大切なポイント

「買い物代行で失敗した!」とならないために大切なポイント


前回は、買い物をメインで依頼できる2つの代行サービスを紹介しました。
どちらも、従来の家事代行と比べて安く、利用が簡単なのがメリットでした。

ただ、家事代行や買い物代行サービスは便利ですが、使い方によっては思わぬ失敗を招くこともあります。

そこで今回は、買い出しを依頼する時に大切なことをお伝えします。
家事代行などで買い物をお願いする時の参考になれば幸いです。

買い物代行サービスの利用でありがちな失敗とは?

[colored_box color=”green” corner=”r”]・買い忘れされた
・売り切れていたので買えなかった
・欲しくない銘柄を買って来られた
・質の悪い物を買って来られた
・留守中は依頼できないと知らなかった[/colored_box]

買い出しサービスで起こりがちな失敗は、上記が代表的なものではないでしょうか。
こうした事があれば「お金を払ってまで利用するんじゃなかった!」と後悔するかもしれませんね。

それでは、大満足で利用するにはどうすれば良いのでしょうか?
以下でポイントを紹介していきますね。

買い物メモやメールでリストを渡す

買い物メモやメールでリストを渡す


当たり前ですが、家事代行のスタッフさんに買い出しをお願いする時は、確認できるように買い物リストを渡します。
ただ、さらに大切なのはリストの内容内容です。

リストには商品名まで書く

誰かに買い物を頼む時に、どんなにこだわりがない人でも

「適当な洗剤と野菜と、何かお菓子を買ってきてもらえれば、それでOK!」

と考える事はまずないと思います。

例えば、洗剤一つにしても

  • どの銘柄が好みなのか?
  • どの香りが良いのか?
  • お徳用とコンパクトなタイプのどちらが欲しいのか?
  • 価格帯や予算は?

など、選定基準は様々です。

また、単に「洗剤」とあるだけでは、食器洗い用なのか洗濯用なのかも不明ですね。
「洗剤なんて洗えれば何でもいいんだよ」という人もいるでしょうが、スタッフさんは赤の他人なので、あなたの事を何ひとつ知りません。
ある意味では「何でもいい」ほど厄介な指示はないのです。

そのため、商品名や容量まで指定してあげるのが相手にも親切ですし、結果自分の満足にもつながります。

置いてなかった場合についても書いておく

「いつも買っている洗剤が置いてなかった(売り切れていた)」という事もあり得ます。
そんな場合にはっきりした指示がないと、スタッフさんはどうすればいいのか分かりません。

気が利く人ならメールなどで質問してくれると思いますが、あなたが仕事中で連絡が取れない可能性もあります。
また、替わりの物がほしいのに、自己判断で買って来ない場合もあるでしょう。

それではお互い大変ですから、あらかじめ想定してメモに書いておくと安心です。

例えば、お目当ての洗剤がない場合に

  • 同じ商品で容量の違う物を買ってきてもらう
  • 替わりの洗剤(商品名も書く)を買ってきてもらう
  • 別のお店で探してもらう
  • 買わなくてOK

といった感じで、ある程度予測して書いておくのが良いでしょう。

別の店舗にも行ってほしい場合は、買い出しの所要時間や距離に条件を設けている業者もあるため、それも考慮します。

生鮮食品は選定基準を明確に

生鮮食品は選定基準を明確に


野菜や果物などは、物によって大きさや質に差があるので不満が出やすい買い物です。
「食べられるものなら何でもいい」という場合以外は、選ぶ基準も伝えておくのが無難でしょう。

例えば、りんごを買ってきてもらう時には

  • なるべく大きい物がいいのか
  • 真っ赤に熟した物がいいのか
  • 日持ちする若い物が欲しいのか
  • 質よりも値段の安い物がほしいのか

などを具体的に伝えるのがおすすめです。

品物の受け取り方法を事前にチェック

買い物代行サービスを利用する目的は、人それぞれだと思います。
中には、多忙で自分の留守中に買い物や補充を済ませてほしい人もいるかもしれません。

ですが安全の観点から、買い出しサービスのほとんどは、家で品物を受け取ってもらうのが前提になっています。
家事代行も、1回限りの利用なら自宅にいなくてはなりません。

そのため「家に帰るのが遅いから買い物を頼みたい」という場合には、利用するサービスの品物の受け取り方法を確認しておきましょう。

まとめ

今回は、買い物代行を大満足で利用するためのポイントを紹介しました。
スタッフさんに具体的な指示をするのは面倒臭く感じるかもしれません。
ですが、後々買い忘れを指摘したり「利用するのではなかった」とモヤモヤする事を考えると、必要な手間ではないでしょうか。

ちなみに、以前紹介した「ツイディ」というサービスではアプリで買う物を選べ、目利き力に優れたスタッフさんが良質な商品を見繕ってくれるので手間いらずです。
また、家事代行の定期サービスを利用すれば、留守中に買い物や補充まで済ませてもらうこともできます。

定期プランはスタッフが担当制なので、好みや価値観を覚えてもらえると、毎回細かく指示する必要もなくなるので楽です。


[icon image=”finger1-bk”]関連記事「単身男性が失敗しない8種類の選び方」

[icon image=”finger1-bk”]関連記事「買い物をメインに頼める代行サービスは?」