不在時に家事をやってもらう場合も細かい要望は伝わる?

家事代行不在時の連絡方法

家事代行サービスを利用する場合、例えば週に1回など、定期的に来てもらいたいと考えている人もいるかと思います。

毎回決まった事だけをやってもらいたいのなら別ですが、日々生活していれば「今回はここを重点的に掃除してほしい」と状況が微妙に変わることもあるでしょう。

家事代行は時間で料金が発生するため、全てを完璧に終わらせてもらうのが難しいこともあり得ます。

そのため、特に優先してほしい場所や内容をちゃんとスタッフに分かってもらう必要があります。

しかし、外出中に家事を済ませてもらう不在時サービスを利用する場合、自分の要望がうまく伝わるか不安ですよね。

各業者では、利用者不在時の連絡方法をどうしているのでしょうか?

作業内容を変えたい場合は相談しておく

ほとんどの家事代行業者では、実際にスタッフさんが入ってサービスを開始する前に事前のヒアリングがあります。

その際に「どんな家事をどうやってどの程度行うのか」を聞いて把握し、個別の希望に沿うようにサービスを提供しているのです。

そのため、お願いする家事の内容を変更したい場合には、ヒアリング時に相談しておきましょう。

また、サービスを使い始めて途中から「やっぱり依頼内容を変更したい」と感じた場合には、それが分かった時点で早めに業者に連絡を取るのがおすすめです。

不在時サービスでは連絡ノートやメモを活用する

定期的なプランで外出中に家事を終わらせてもらうには、通常は鍵預かりサービスを利用します。

これは、業者に家のスペアキーを預けておくと、決まった日時にスタッフが来て家事をやっておいてもらえるというものです。

スタッフと顔を合わせないので余計な気を遣わずに済む反面、毎回依頼内容を変えたい人は不便を感じそうですね。

でも、大丈夫です。

顧客とスタッフの「言いました」「聞いてません」といった認識の食い違いについては、業者も気を付けている部分です。

多くの業者では、利用者が不在の場合は連絡ノートメモ作業報告書などの書類を使って、伝達がうまくいくように工夫しています。

ただし、文字だけでは細かなニュアンスは伝わらない可能性もあるので、こちらも分かりやすい指示を書く必要があります。

また、返事として、スタッフはその日行った作業についてノートやメモなどに残しておいてくれます。
何をしてくれたのかが分かると安心できますね。

融通の利く業者を選ぶ

[illust_bubble subhead=”” align=”left” color=”gray” badge=”” illst=”dansei1″]不在時にやってもらう方が気が楽だけど、毎回家事の内容は変えたい![/illust_bubble]

という人には、柔軟な対応ができる家事代行業者がおすすめです。

融通が利く家事代行業者はこちら

◆ r-maid(アールメイド)


◆ 家事代行サービスのキャットハンド

まとめ

  • 毎回作業内容を変える可能性がある場合はヒアリング時に話しておく
  • 不在時サービスでは連絡ノートやメモを活用して伝達する
  • 融通の利く業者を選ぶのがおすすめ

柔軟に対応してくれる業者でも、家事代行の対象外の作業はできないため、あらかじめできる範囲を把握しておくことが大切です。