相性が悪い?「ベアーズ」のスタッフと合わない時にできる事

ベアーズ

ベアーズは、同業界内でもユーザーの満足度や評価の高い家事代行サービスです。
ですが、どんな商品やサービスであっても、「ここがイマイチだな」と感じる人もいるかと思います。
そんな時に、その「イマイチ」が目をつぶれないほどの場合には、どうするべきなのでしょうか?

サービスに不満を持つ理由は様々ですが、大抵は

  • サービスの質や内容に対する不満
  • 家事スタッフの対応への不満

のどちらかに該当するのではないでしょうか。

このうちサービス自体への不満なら、業者の規定もあるので、解約を検討する必要があるかもしれません。
しかし、スタッフに対する不満の場合には、対処する方法もあります。
ここでは、ベアーズのスタッフと合わないと感じた場合にできる事を紹介します。

鍵預かりサービスを利用する

「作業自体は問題ないけど、担当の人とどうも性格が合わない」という場合には、スタッフさんと無理に顔を合わせる必要はありません。
ベアーズには鍵預かりサービス(月額オプション)があるので、スペアキーを業者に預けて留守中に作業してもらうことでスタッフと会わずに済むでしょう。

不在時サービスを利用するのは気が楽ですが、その一方で毎回頼む用事を変えたい人にとっては「どうやって用事を依頼すればいいの?」と疑問に思うかもしれません。
ですが、ベアーズでは連絡ノートを活用してコミュニケーションを取るので、スタッフと直接顔を合わせなくてもやり取りは可能です。

依頼の仕方や内容を見直す

依頼の仕方や内容を見直す


「依頼していた用事をやっていない」「ここをもう少し丁寧に掃除してほしい」など、作業の質に不満がある場合は、スタッフさんに直接指摘するのもありでしょう。
また、掃除の手順一つとっても、自分が常識だと思っている事が相手には非常識だというケースも多々あります。

例えば、あなたが「部屋の掃除は窓を拭いてから床を拭くでしょう」と思っていても、スタッフの常識は「床を先に拭いてから窓を拭く」かもしれません。
(あくまでも例ですが)
そのため、どうしても譲れない作業内容については、時には細かく具体的に指示する事も必要でしょう。

ただ、最初立てた計画とあまりに実態が異なる場合には、プラン自体に無理があるのかも。
ベアーズをはじめとした家事代行サービスでは、調整役のコーディネーターがいるので、「無理のないプランなのか」を再度相談してみるのが良いでしょう。
コーディネーターが作業の実態を把握していない可能性もあります。

業者側も、ユーザーに喜んでほしいはずなので、話し合うのは決して悪いことではありません。

ベアーズでは担当スタッフの変更もできる

「色々対策してみたけれど、やっぱりこのスタッフさんとは合わない」
そんな場合もあると思います。
お互い人間なので、どうしても仕方がない部分はあるでしょう。
ベアーズでは、担当スタッフ交代も依頼できますので、無理に我慢せずコールセンターに相談してみてください。

Q.スタッフは交代出来ますか?

もちろん可能です。指導可能な内容であれば指導いたします。

出典:『家事代行FAQ』|ベアーズ公式サイト

まとめ

女性スタッフが相手だと緊張や遠慮をして依頼がしづらいので、「男性の方が気が楽だ」という人も中にはいるかと思います。
一般的に家事代行のスタッフは女性がほとんどで、男性スタッフはもっと専門的なハウスクリーニングを受け持っていることが多いです。

ですが、「タスカジ」のようなマッチングサービスを利用すれば、自分でハウスキーパーを選べます。


「男性に頼みたい!」という人におすすめな家事サービス

① タスカジ

「伝説の家政婦」で一時期有名になった家事サービスです。
タスカジは、利用者とハウスキーパーを繋ぐ仕組みで、自社でスタッフを雇い派遣する家事代行業者とは違います。
スマホでプロフィールや評判を見て自分でハウスキーパーを選べるのが特長です。

↓公式サイトはこちら

◆タスカジ



② 家事代行110番

24時間365日受け付けているコールセンターが、あなたに代わってニーズに合う家事代行業者を探してくれるサービスです。
タスカジと違うのは、「希望を伝えるとそれに合った業者と繋いでくれる」という点です。
「自分で調べるのが面倒くさい」「探している暇がない」という場合には向いているでしょう。

↓公式サイトはこちら
◆家事代行110番